ホームへ戻る HOME
当館概要 コレクション 展覧会 お知らせ ショップ アクセス
当館概要


展示スケジュールのご案内

過去の展覧会

■春季展示 「千利休と武将茶人 −茶入を中心に」

会期が変更になりました
会期:4/16(土)〜6/26(日)
※会期中一部展示替えを行います

戦国時代、戦いに明け暮れた武将たちのなかには、能楽や連歌、そして茶の湯に才能を発揮し、名を残す者が少なからず存在しました。特に、現在の細川家の初代にあたる細川幽斎(藤孝1534〜1610)、三斎(忠興1563〜1645)父子は、佗茶の大成者である千利休と深い親交を結んでいたため、永青文庫にはゆかりの茶道具が数多く所蔵されています。

本展では、幽斎・三斎と茶の湯の関わりを示す史料や、利休ゆかりの茶道具など、細川家伝来の茶道具を展示します。さらに、古田織部・織田有楽・小堀遠州など武将茶人ゆかりの茶道具を展示します。戦乱の世を生きた武将たちが、茶の湯の世界に見いだした美意識をご覧下さい。





唐物尻膨茶入 利休尻ふくら

中国・南宋時代(13世紀)

重要美術品 肩衝茶入 出雲肩衝

桃山〜江戸時代(16〜17世紀)




茶杓 銘 ゆがみ

千利休作
桃山時代(16世紀)
*半期展示

竹二重切花入

細川忠興(三斎)作
桃山〜江戸時代(16〜17世紀)
*半期展示




呼継茶碗

桃山〜江戸時代(16〜17世紀)



俊成卿定家卿両筆懐紙

鎌倉時代(12世紀)
*半期展示


  >> プレスの方へ









●主な展示作品
唐物尻膨茶入 利休尻ふくら   中国・南宋時代(13世紀)
肩衝茶入 出雲肩衝(重要美術品)   桃山〜江戸時代(16〜17世紀)
茶杓 銘 ゆがみ 千利休作 桃山時代(16世紀)*半期展示
竹二重切花入 細川三斎作 桃山〜江戸時代(16〜17世紀)
*半期展示
黒楽茶碗 銘 おとごぜ(重要美術品) 長次郎作 桃山時代(16世紀)
呼継茶碗   桃山〜江戸時代(16〜17世紀)
唐物茶壺 銘 頼政   中国・南宋〜元時代(13〜14世紀)
茶入茶碗写真帖   江戸時代(18世紀)
俊成卿定家卿両筆懐紙   鎌倉時代(12世紀) *半期展示
七仏通戒偈 一休宗純筆 室町時代(15世紀) *半期展示



●春季展示 「千利休と武将茶人−茶入を中心に」
入館料

一 般:800円(団体10名以上は700円)
シニア(70歳以上):600円(団体10名以上は500円)
大学・高校生:400円
中学生以下:無料
※友の会会員、障害者手帳をご提示の方およびその介護者(1名)は無料

開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 毎週月曜日
交 通 JR目白駅前より都営バス新宿駅西口行きにて
「ホテル椿山荘東京前」下車 徒歩5分



■夏季展示 「歌仙兼定登場」

歌仙兼定と呼ばれる一振りの刀があります。名刀工・二代兼定(之定)により打たれ、肥後熊本藩の基礎を作った大名細川忠興(1563〜1645)の愛刀でありました。その拵は「歌仙拵」と呼ばれ、夜空に降る雪のような、黒漆鮫革研出の技法は忠興自身が創案したといいます。忠興の脇差である「信長」の拵「信長拵」とともに、細川家中の人々の拵「肥後拵」の規範となっています。
本展は忠興ゆかりの歌仙兼定を中心に、武家の魂というべき武器・武具類を展示し、その魂を後世に伝えるため記録に努めた細川家の姿をご覧いただきます。



■秋季展示 「仙鴻潤[ルド」

仙豪`梵(1750〜1837)は、江戸時代後期の博多で活躍した禅僧です。日本最古の禅宗寺院・聖福寺の住持をつとめ、生涯を通して数多くの禅画を残しました。
ユーモラスと評されるように、禅の教えをのびやかな線で絵画化した仙高ヘ、現代でも「博多の仙高ウん」として親しまれています。永青文庫を設立した細川護立(1883〜1970)は仙拷謔こよなく愛し、コレクションを築きました。その絵から人柄がにじみ出てくるような、心温まる仙麹品の数々をご紹介します。



■冬季展示 「忠臣蔵」(仮称)

■HOME 過去の展覧会 TOP▲