永青文庫美術館 EISEI-BUNKO MUSEUM
当館概要 コレクション 展覧会 お知らせ ショップ アクセス


●春画展特設ページを公開いたしました。


 

●文庫部(ふみくらぶ)スタンプラリーを始めました



静嘉堂文庫美術館 http://www.seikado.or.jp/index.html
東洋文庫ミュージアム http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/


 

●展覧会のご案内
 
春季展示 「細川家起請文の世界」

会期:平成27年3/21(土)〜6/28(日)

起請文とは、自らの主張や約束が神仏にかけて偽りないことを誓う文書で、中世初期に成立し、江戸時代を通じて作られました。永青文庫には、家臣が当主や上役に提出した熊本藩細川家の起請文が約270通あります。その4割は、2代細川忠興(三斎、1563〜1645)の隠居から死去の間に作成されたもの。三斎の隠居領(熊本・八代)と熊本の本藩は深刻に対立したため、家臣たちが3代細川忠利(1586〜1641)、4代光尚(1619〜49)に忠誠を誓う起請文を多く提出したからでした。
本展覧会では、家老から中老、奉行、毒見役、茶人、庄屋、御用商人まで、様々な起請文に着目し、御家騒動を乗りこえて熊本藩政の基盤が築かれる過程を提示します。




小笠原民部少輔起請文

長岡佐渡守等七名起請文

長岡佐渡守等六名起請文





●主な展示作品
小笠原民部少輔長貞起請文 寛永2年(1625)12月5日付
長岡佐渡守等七名連署起請文 寛永15年(1638)5月10日付
長岡佐渡守等六名連署起請文 寛永18年(1641)7月18日付
小原無楽等十名連署起請文 寛永18年(1641)9月27日付



●学芸員によるギャラリートーク

4、5、6月の第2土曜日(4/11、5/9、6/12) 14時から。事前申込不要。




●春季展 細川家起請文の世界
入館料

一 般:800円(団体10名以上は700円)
シニア(70歳以上):600円(団体10名以上は500円)
大学・高校生:400円
中学生以下:無料
※友の会会員、障害者手帳をご提示の方およびその介護者(1名)は無料

開館時間 10:00〜16:30(入館は16:00まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
但し、ゴールデンウィークは休館なし、5月7日(木)は休館
交 通 JR目白駅前より都営バス新宿駅西口行きにて
「ホテル椿山荘東京前」下車 徒歩3分





■同時開催決定! 大名のもてなし文化と九谷焼360年の「いま」
●特別展 大名細川家の茶席と加賀九谷焼展
共 催

石川県九谷焼美術館・永青文庫

会 場 永青文庫 本館2階
入館料

一 般:800円(団体10名以上は700円)
シニア(70歳以上):600円(団体10名以上は500円)
大学・高校生:400円
※「細川家起請文の世界」と共通入館

概 要 大名細川家の茶席を想定して出品される御道具約10点とともに、もてなしの懐石具として、石川県九谷焼美術館所蔵の加賀の九谷焼18点を展示します。一連の茶会の流れの中で、お客様の眼を楽しませてきた器の競演を企画いたしました。
出品予定作品 粉引茶碗 大高麗
朝鮮 李朝時代(永青文庫蔵)
瀬戸肩衝茶入 銘花さくら 江戸時代 (永青文庫蔵)
色絵滝二双鳥図隅切角皿 江戸時代 (石川県九谷焼美術館蔵)
金襴手雲ヤ文馬上盃 江戸時代 (石川県九谷焼美術館蔵)
色絵百花手唐人物図大平鉢 江戸時代 (石川県九谷焼美術館蔵)
●同時開催 加賀の九谷焼現代作家作品展
共 催

石川県九谷焼美術館・加賀九谷陶磁器協同組合・永青文庫

会 場 永青文庫 別館
入館料

100円

概 要 丁寧な手描き・手作りで少量生産をモットーとしている加賀九谷焼陶磁器協同組合所属の九谷焼作家10名余が、茶会などでも使える「おもてなしの器」を今回の展示のために新たに制作。永青文庫別館において、およそ30点余りの特別陳列を行い、会期中、作品解説、絵付実演、九谷焼茶碗での呈茶等を計画しています。本館の特別展と併せてご覧ください。
出品予定作家 中村 元風 / 苧野 憲夫 / 河島 洋 / 見附 正康 / 山下 一三
池島 保雄 / 山本 芳岳 / 山本 秀平 / 福永 幾夫